旅先の観光地も食事も楽しめる兵庫県の観光情報!

神戸の日傘専門店でおすすめはオカダ洋傘店!カスタム可能で価格も安い?

2019/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています(アドセンス収入といいます)。 企業や自治体から依頼されてる訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介しています。

夏になると日差しが強くなりますね。

毎年この時期になると日傘の販売が伸びるそうです。
紫外線を避けるため曇り空でも日傘を使う人が増えてきてますが、みなさんどこで日傘を買いますか?

今回は神戸の傘専門店「オカダ洋傘店」を紹介します。

スポンサーリンク

傘専門店のメリット

「オカダ洋傘店」傘の専門店。

神戸の元町商店街で60年以上続く老舗のお店です。
扱っているほとんどがメイドインジャパンで、職人が一つずつ手作りする持ち手などココでしか買えないオリジナルの傘なども。

 

巷に出回っている傘の大半が輸入品だそうですが、多数の国産品を扱っているオカダ洋傘店ではシルク手彫りの持ち手、そして珍しいほぐし織りも取り扱っていました。

※ ほぐし織り…日本に古くから伝わる技法で、糸の模様が少しずつズレていて、ぼかしたような優しい風合いの織物。手作業で時間をかけて織られるため、量産が難しい。

日傘だとお店のおすすめは100%シルクの日傘だとか。
シルクは糸そのものが紫外線をカットする性質をもっていて、そのシルクの糸にプラスUVカットを施しているので紫外線予防に非常に効果的らしいです。

そして通気性も良いので日差しの強い中日傘をさしていても快適な環境で過ごせるのも特徴。

また傘はその末広がりな形状から縁起物とされ、贈り物として使われることの多いアイテム。
服などと違ってサイズを気にせずに選べることから贈り物にもおすすめ。

そんな様々な雨傘や日傘、兼用の傘がざっと常時1000種類用意されているので、きっとお気に入りの傘が見つかるでしょう。

オカダの傘

スポンサーリンク

そんなオカダ洋傘店ですが、家族が日傘を買いたいということで買いに行きました。


私目線の写真なので男性用の雨傘ですが、これも大の大人が入れるほど大きいのに非常に軽くて疲れにくい傘。

ちなみに日傘の写真はこちら。

出典元:www.kobe-okada.com/

色鮮やかな日傘ですね。

もちろん落ち着いた色の日傘も扱っていて、うちの家族が購入したのはこちら。

そして特徴的なのが内側の模様

非常にわかりにくいですが、外側と内側で生地の材質が異なっています。

そのため影自体に濃淡ができ、たいへん美しいのだとか。そうやってウキウキと話してました。

ちなみに傘の本体デザインだけじゃなく持ち手のところもアレンジ可能。

こんなのや、


こんなのも展示されていました。

これらの写真にはのってませんが、べっこうやクリスタルなどの素材で作ってもらうこともできるみたいです。

出典元:www.kobe-okada.com/

ちなみに家族が希望していた持ち手は写真にある輪っか型のやつだったそうです。

でも購入したのはふつうの曲がっている形のやつにしてました。

家族が感じたオカダ洋傘店の特徴

当初うちの家族が欲しかったのは木の材質でできた輪っかの持ち手だったそうです。

けれども購入したときは竹の素材の普通の形のやつでした。

うちの人が普通のデザインにした理由は、要望が形となって表れたからだそうです。

 

もともと「ちゃんとした日傘」という、しっかりしたイメージがなくお店に行ったそうです。

そこで店員にあれこれ要望を聞かれて答えていくうちに次々とイメージに近い傘を持ってきてくれたそうな。
そのうちの一つが今回購入した傘だったみたいですね。こんなのが欲しかった!というのを奥から持ってきてくれたみたいです。

 

その時に要望として持ち手を木の材質の輪っかにしてほしいと伝えたところ、この傘の先端が竹の素材なので同じ素材の持ち手にした方が良いとアドバイスをもらったとのこと。

あいにく竹で輪っかはなかったため持ち手の長さを少し伸ばしてもらったそうですが、おかげでしっくりしたデザインになっていましたね。

使った感想は?

以下、使った家族の感想です。以前に使ってた日傘との比較を聞きました。
・普通のお店で売っている日傘と比べて安定感がある。
・体感的にぜんぜん違う。

だそうです。
安定感に関しては、比べてみないとわからないものですが、オカダで買った傘は芯が通っているみたいにしっかりしていてちょっとした強風でもびくともしないのだとか。

そして体感的に違うのは何かと聞くと、以前使ってた一般の日傘は、日差しを遮るけれども熱が内側にこもるので暑さは残る。
それに対してオカダの日傘は生地が違うため熱も遮断しているので傘の中が涼しいそうです。

専門店なのにお手頃価格も!

実は専門店というと値段は高いというイメージがありますが、お値段はピンキリでした。

ブランドものや素材もあるので上は2万円以上(雨傘も含む)あるのに対して、下はワゴンで安売りしているのは1000円台とかありました。

ちなみに男性用の雨傘も高級なのは1万円以上ありますが、日本製で6000円台とかありましたので彼氏や旦那さんへのプレゼントにもいいかもしれませんね!

オカダ洋傘店の店舗情報


住所:神戸市中央区元町通3丁目9-6
連絡先:078-331-0051
営業時間:10:20~18:30
定休日:水曜日
最寄り駅:JR元町駅もしくは阪神電車元町駅から徒歩3分程度
駐車場:無し
ポイント:駅に近いですが元町商店街内だとよく通り過ぎる場合があります。

お店のサイトの地図が非常にわかりやかったのでこちらを参考にするほうが良いでしょう。


出典元:www.kobe-okada.com/

さいごに

商品の種類の多さなどに関しては日本中や世界中から取り寄せてみたらどこでもできるかもしれません。

ですが、購入したい人の理想のイメージに最も近い傘を用意するのは簡単ではないでしょう。
そこには半世紀以上もつづいている老舗の専門店だからこそできる技術だと思います。

その知識と経験があって初めて満足できる傘が見つかるのだと思いますがいかがでしょうか。

ぽちっとしていただいたら嬉しいです!

兵庫県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています(アドセンス収入といいます)。 企業や自治体から依頼されてる訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ばり兵庫県ですよ。 , 2019 All Rights Reserved.