旅先の観光地も食事も楽しめる兵庫県の観光情報!

神戸でビュッフェならかんでかんでのランチがおすすめ!アクセスは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

ビュッフェ(バイキング)に行くとテンションあがりませんか?

目の前に広がる大皿たちに盛られた色とりどりの料理たち。

食べたいものを食べたいだけ小皿に移し、一度にたくさん盛る人もいればわざとスペースを作って美しく盛る人もいますよね。
その方の人柄が垣間見えるという奥の深い食事形式、それがビュッフェ。

そんなビュッフェの中でも味も値段も大変お得な神戸にある「かんでかんで」を紹介します。

スポンサーリンク

かんでかんでとは?

「かんでかんで」は神戸市にある飲食店。
神戸といっても西区ののどかな地にあり、周辺には緑がたくさん。

 

そんなみどり豊かな地に「兵庫楽農生活センター」という場所があります。


農業を体験し、学び、楽しむといった学校事業と交流事業を中心とした施設で、
簡単にいうときのこや野菜の栽培やぶどう・梅などの収穫体験、また収穫した野菜の直売所が集まっている場所。

 

季節にもよりますがジャム作りやパン作りの体験教室などもやってます。

 

そんな楽農センターの中央付近にあるのがレストラン「かんでかんで」

お店の名前は地名の神出町(かんでちょう)から。
(ちなみに私はシックスセンスがまったくないので感じれませんがパワースポットの地でもあるそうです。)

 

普通のレストランと違うのは「食育」をテーマにしたレストラン。
地元でとれた野菜を中心に兵庫県産の食材を素材そのものの持つ美味しさを活かすように調理しており、
これは食べてみないとわからないと思いますが、本当「食材が美味しい」とわかるレベル!

 

提供されるビュッフェメニューも季節や収穫状況によって変わりますが、食材の品質は一切妥協していない雰囲気は感じます。

また営業時間もランチタイム(11:00~16:00)のみ。

夜は結婚式の二次会などのパーティプランのみなので通常は営業してなさそうですね。

あと特徴的なのはスーパーのトーホーグループが運営している点。

 

トーホーは神戸市に本社を置く外食ビジネスや食品スーパーなど「食」をメインに扱う会社。
もともとが食品の卸事業から始まったらしく、品質へのこだわりは他社より抜きんでています。

 

そんなトーホーグループが運営する「かんでかんで」なので食材の安心と美味しさへのこだわりは半端ないですね。

かんでかんでの美味しさの理由は?

スポンサーリンク

上にも書いたようにかんでかんでの特徴は食材の鮮度と、その食材の良さを生かした調理内容。
かんでかんでのランチを実際に食べてみた感想をいくつかあげてみようと思います。

野菜が非常に美味しい

時間帯もお昼すぎだったこともあり、訪問したときは順番待ちの家族連れが何組かいらっしゃいました。
待っている組も家族でしたが食事中も子連れのご家庭が多く、その小さいお子さんが野菜をすすんで自分の小皿に取り分けていたのが印象的でした。

席に案内されてから実際に食べてみるまでわかりませんでしたが、たしかに野菜が美味しい!

玉ねぎはみずみずしく甘みがあり、ジャガイモはシックリホクホクした食感。子供が嫌いそうなピーマンも苦味がほとんどない。


そしてどの料理も調味料の味付けはあくまでおまけ。野菜の甘みや旨みが美味しくて後味もすっきり。
素材の美味しさを生かした調理ってサイトに書かれていますが、こういうことか。と感じる次第です。

食材は基本的に地産地消

地産地消だから新鮮な食材が多いです。
殆どの野菜が契約農家と、かんでかんでが入っている楽農センター内で作っている野菜。当日の朝に収穫した野菜を使用しているらしく新鮮さを味わえます。

こんな感じで売ってたりも。

野菜だけではなく私が食べに行った日には肉系もありました。


鶏肉のタンドリーチキンは、ムネ肉にもかかわらずめっちゃくちゃ柔らかい!


ムネ肉ってパサパサになりがち、そして鶏の臭みが残りやすい食材ですが、
トリの胸ハム?と思うぐらい柔らかく、そして臭みが一切ない!これは美味い!

ただ、唐揚げは普通でした。
と言っても、美味しくないわけではなく、ちょっとほかのメニューを食べた後だったので期待し過ぎた自分がいましたね。

あと揚げ物。パスタも。

このオーブン焼きがめちゃくちゃ美味しかった。

こちらはソフトクリーム。濃厚なのかなかなか切れない(自分で盛り付けるタイプのやつです)

この写真の左にあるチョコレートをかけるとソフトクリームの冷たさでチョコが固まりまた違った味が楽しめるという発見が。一人で盛り上がって妻に引かれました。

 

かんでかんでの店舗情報とアクセス


住所:兵庫県神戸市西区神出町小束野30-17
連絡先:078-964-3008
営業時間:11:00~16:00
定休日:年末年始
アクセス:JR明石駅もしくは市営地下鉄西神中央駅からバスで「老ノ口(おいのくち)」下車から徒歩15分程度。
料金:中学生以上1550円(土日祝は1800円)小学生は800円
ポイント:とにかく本来の野菜の美味しさを味わえる!それだけでも行く価値あり!

さいごに

店舗情報のアクセスにも書きましたが、最寄りのバス停からちょっと歩きます。
お持ちでしたら車で向かうほうが楽かもしれませんね。駐車場も無料で使えますし。
ちょっと郊外にありますが、それでも足を伸ばして食べに行く価値はあると思います。

野菜が美味しい!野菜が!野菜!と野菜やさいばかり書いちゃいましたが、正確には「野菜を活かした調理、料理が美味しい」ですから、
天ぷらも炒め物も煮物、それぞれほんと優しい味なのに深い味。

 

調味料に頼らず素材の美味しさを引き出すために丁寧に調理されてるんだなと思いますね。

 

どこにでもある、横文字のメニューが並んだビュッフェランチを食べるなら足を伸ばしてでもかんでかんでを食べる方が納得できる味に会えると思いますよ。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ばり兵庫県ですよ。 , 2019 All Rights Reserved.