旅先の観光地も食事も楽しめる兵庫県の観光情報!

垂水の観光といえば!神戸の名所明石大橋を含め6選を紹介!

2019/02/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

垂水は古くから外国人の居住区ともなっていたりした住宅街地域です。

古くは「垂れ水」=「滝」ということで水が流れていた地域だったとか。
今では跡形もなく消えていますが、代わりに代表的な観光地がいくつもありますのでご紹介します。

スポンサーリンク

明石海峡大橋

明石海峡大橋は垂水を代表するというよりも神戸を代表する観光地ともいえますね。

日本一の吊り橋で有名な明石大橋は垂水の海岸沿いからその姿を眺めることができますが、瀬戸の海を越えて淡路島とつながっているその壮大な姿は圧巻!

夜になるとライトアップもされ暗い海に美しい姿を浮かび上がらせます。

また毎年4月から11月まで開催されているブリッジワールドでは明石海峡大橋の塔頂へのぼることができます。
高さ300m、見渡す限り絶景のパノラマが楽しめるこのイベントは毎年多くの応募者でにぎわいますので、明石大橋に立ち寄る際は一度参加するほうがいいですよ!

明石海峡大橋の場所は?

最寄り駅:JR 舞子駅

ブリッジワールドの詳細はこちら
参加費:大人3000円(中学生1500円)
事務局住所:神戸市垂水区東舞子町4-115 JB本四高速舞子ビル2F ブリッジワールド事務局
事務局連絡先:078-784-3396 (9:00~17:00)

その他概要はこちら !

五色塚古墳

五色塚古墳は垂水の駅から徒歩でいける兵庫県下最大級の前方後円墳。
千壺古墳とも呼ばれ、4世紀後半に築かれたらしく、築造当時の姿に復元されてるので大変きれいになってます。
このような古墳があったということは、古代にはこの地に集落があり多くの人々の生活があった証拠。
男子ならロマンを求めて空想の世界をイメージしたりするんじゃないですか?

五色塚古墳の場所は?

最寄り駅:JR 垂水駅もしくは山陽電鉄 霞ケ丘駅

住所:神戸市垂水区五色山4-1
連絡先:078-707-3131

ちなみに9時~17時までしか立ち寄れませんのでご注意を。

海神社

スポンサーリンク

海神社は「わたつみ神社」と読みます。

五色塚古墳と同じく垂水駅から徒歩で行ける距離にあるこの神社の歴史は大変古く、806年の文献にも登場するほど。
垂水自体が漁師の町のため海の神様を祀っていて、また氏神様として地元の人々から親しまれている神社です。

海神社の場所は?

最寄り駅:JR 垂水駅

住所:兵庫県神戸市垂水区宮本町5-1
連絡先:078-707-0188

滝の茶屋駅周辺

滝の茶屋駅は山陽電鉄の駅。
この駅は有名な観光名所というのがある訳ではないですが、実は見晴らしが絶景。

小さいながらも駅前にある展望公園からは快晴の日には明石大橋から淡路島まで見渡せ、眼下には電車が走っている向こう側に瀬戸内の海が広がります。

観光情報には載っていることが少ないですが時間があればぜひ立ち寄ってもらいたい地です。

滝の茶屋駅の場所は?

最寄り駅:山陽電鉄 滝の茶屋駅

マリンピア神戸

マリンピア神戸は垂水駅から徒歩10分程度で行けるアウトレットモール。
南ヨーロッパの港町をイメージしてつくられていて雰囲気はすばらしくおしゃれ。
その雰囲気に負けないように国内外の有名ブランドが入っていてレストランが立ち並びます。
海沿いということもあり、明石大橋や瀬戸内を眺めることもでき、景色が美しいのが魅力的です。

マリンピア神戸の場所は?

最寄り駅:JR 垂水駅

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通12-2
連絡先:078-709-4466(受付時間 10:00~20:00)
営業時間:10:00~20:00(レストランは11:00~22:00)

舞子公園

兵庫県初の県立都市公園として開園された舞子公園。

明石海峡大橋を活かした海上プロムナードや孫文記念館、その他歴史建造物もある公園です。

特に海上プロムナードは海面からの高さ約47メートル、総延長317メートルの橋の中に作られた遊歩道で、天候の良い日は向かいの淡路島のほか大阪湾や瀬戸内海までが一望できます。

高所恐怖症の人にはおすすめできませんが、一度は立ち寄る価値有り!

舞子公園の場所は?

最寄り駅:JR 舞子駅

住所:神戸市垂水区東舞子町2051番地
連絡先:078-785-5090

さいごに

垂水は都市部から離れていますし新幹線・空港からも遠く、単独の高速バスも出てない(来てない)とおっもいます。
ですが山と海を両方楽しめる神戸という地特有の魅力を感じることができる希少な土地でもあります。

ぜひ立ち寄ってその魅力を体験してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ばり兵庫県ですよ。 , 2019 All Rights Reserved.