神戸の餃子専門店で外れの無いおすすめは?味噌ダレで食べる餃子御三家をご紹介!

神戸グルメといえば神戸牛が思い浮かびますが、実は餃子も欠かせません。

「餃子?」と思う人もいるかもしれませんね。
餃子といえば栃木の宇都宮や静岡の浜松が有名ですが、神戸でも餃子は有名です。

今回は「せっかく神戸に来たのに何を食べたらいいか分からない」という方や、
「神戸に来たのだから美味しい餃子の店に行きたい!」という方のために、
神戸の餃子の美味しさのヒミツと絶対外れないおすすめ人気餃子店を紹介します。

ちなみにこちらの記事では神戸の魅力を紹介しています。よかったら読んでみてください。

神戸グルメの餃子

先にも書きましたが神戸といえば神戸牛が有名です。

ですけれども、神戸牛は高いんです。
ディナーだと1万円越えが当たり前。
ランチでも安いお店でようやく5000円台とか。

ちなみにもっと安く神戸牛が食べれるお店もありますが個人的にはあまりおすすめしていません。

理由はこちらに書いてますのでよかったら読んでみてください。
神戸牛のおすすめ店舗をご紹介!

その点、餃子は美味しいのに価格が良心的。
気軽に食べに行きやすいのも魅力の一つですね。

そんな神戸グルメとして人気の餃子ですが、特徴は味噌ダレ。

定番の酢醤油とラー油というタレではなく味噌をベースにした味噌ダレで餃子を食べるスタイルは神戸ならではです。

家で味噌ダレは作れる?

実は味噌ダレは家でも作れます。

人によってレシピや分量が異なりますが、
・味噌
・醤油
・みりん
・酢

などが王道じゃないでしょうか。

みりんを入れる場合はアルコールを飛ばすために火を入れるとよいですが、みりんを使わない場合は混ぜただけでOKです。

 

でもですね。。。

やっぱりお店の味噌ダレには敵いません。

ですのでおすすめ店舗の紹介とともに各味噌ダレや餃子の特徴を紹介していこうと思います。

餃子専門店のおすすめ店舗

スポンサーリンク

元祖ぎょうざ苑

元祖ぎょうざ苑は観光名所「南京町」にある名店。
実は味噌ダレ発祥のお店です。

でもぎょうざ苑の素晴らしいところは味噌ダレだけではなくて中身の餡や焼くときの油にもこだわりがあって、それが美味しいんです!

餡には神戸ビーフ(神戸牛ですね!)を入れてコクと風味をプラス、油はピーナッツ油を使用して香ばしい風味が魅力です。

またニンニクは入っていないので匂いを気にする必要もありません。

住所:神戸市中央区栄町通2-8-11
営業時間:11:45~20:30(15:00~17:00は休憩中)
ぎょうざ一人前:430円(焼き、水、揚げどれでも)

ひょうたん

ひょうたんは三宮駅と元町駅に店舗を構える餃子専門店。
赤味噌をベースにした味噌ダレで、ひき肉を入れているので味噌ダレ自体が濃厚でジューシーな味。
そして濃厚な味噌ダレに対して餃子本体は水を入れて蒸し焼きにするもちもと餃子。
蒸し焼きのためあっさり系の味ですが、それが濃厚な味噌ダレに合って相性が最高!

ひょうたんの特徴は食べ物が「ぎょうざのみ!」
入口にはご飯が無いという張り紙があるほど。
飲み物はウーロン茶にビール、五加皮(ウーカーピー)って中国酒があるけれども食べ物は餃子だけという珍しいお店です。

それなのに人気のお店で週末の夕方になると満席になる日がほとんど。

ちなみになぜか三宮店には外国人客が多く来店してます。
外国人用の観光ガイドとかに載ってるのか???

住所:神戸市中央区北長狭通1-31-37
営業時間:11:30~24:00
ぎょうざ一人前:390円

赤萬

赤萬は元町駅近くにある餃子専門店。

こちらは白味噌をベースにした味噌ダレで、タレ自体はすっきりした味。
そのタレに合うようにこちらの餃子は濃厚な味が魅力的。

こちらも人気店なので、特徴は餃子の注文は2人前から。
そして繁忙時間の場合だと追加注文ができないという。

ですので、最初はみんな2人前から注文するそうですが、必ずもっと注文しておけば良かったと後悔するそうですよ。

住所:神戸市中央区元町通1-11-10
営業時間:14:00~20:00
一人前:290円(2人前から注文可能)

さいごに

神戸にはほかにも餃子専門店が多数あります。

悦記なんかも美味しくて有名ですが、今回紹介した3店舗は神戸の餃子の御三家といえるくらい有名なお店。

どの餃子を食べようかと悩んだらこの3つだとどれを選んでも外れは絶対ありません。

いや、1人前自体がペロリと食べれる数とお手頃価格なので全部食べまわるのもいいかもしれませんよ。

ちなみにこちらの記事では神戸の魅力を紹介しています。よかったら読んでみてください。

ぽちっとしていただいたら嬉しいです!

兵庫県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す