道の駅あわじの人気の秘密は?おすすめメニューもご紹介!

道の駅あわじタイトル

淡路島についてすぐのところに道の駅があります。
その名も道の駅あわじ。

明石海峡大橋だけではなく海上高速船ジェノバラインで行く岩屋港からも行ける道の駅あわじ。

そこには何があってなにが魅力的なのでしょうか。

というのを今回紹介したく思います。

スポンサーリンク

本州からすぐの立地条件

本州から1番目の降り場、淡路インター。

淡路SAも兼ねていて週末とかだと朝から出口が並んでいたりしますが、ちゃんと降り場は道が空いてますのでご心配なく。

そんな淡路ICを降りてすぐにある道の駅あわじでは、いま通ってきた明石海峡大橋を足元から見上げれます。

道の駅あわじ
その圧巻のロケーションは沢山の家族連れが写真に収めようとスマホをパシャパシャしてるのも分かるくらい素晴らしい。

駐車場も多く週末には警備員さんが捌いてくれるので安心して停めれます。

 

道の駅なので特に入場料とかもかかりませんからおすすめです。

名物!生しらす丼が食べられる場所!

スポンサーリンク

淡路島の名物といえば玉ねぎやウニなどが有名ですが、
近年、生しらす丼が人気を高めています。

そんな生しらす丼が安価で味わえるのが、道の駅あわじ!

そこでは900円で生しらす丼が味わえます。メニューには書いてなかったと思いますが、おそらく季節もの。

生しらす丼

出典元:static.wixstatic.com/

海鮮漬け丼 900円

またこちらも人気でした。

鯛ご飯たまごかけ

出典元:static.wixstatic.com/

鯛ご飯 卵かけ 880円

 

その他にはこんなのも!

やきあなご

出典元:static.wixstatic.com/

隣では焼き穴子が売ってました。おそらく土日祝限定っぽいです。
ここでは焼き穴子丼が700円と比較的安く売ってます。

 

ハンバーガー

出典元:static.wixstatic.com/

他にもハンバーガーが売ってたりしてました。このハンバーガー屋さんが結構人気っぽくてかなり並んでいましたね。

我が家は海鮮が食べたいという家族の意見もあって食べていませんが、美味しいと思いますよ。

 

【期間限定】無料シャトルバス

期間限定で無料シャトルバス(バンバンバス)が出てます。
バンバンバス時刻表
出典元:matsuho.com/

前までは淡路ICに寄ってなかったのですが最近から立ち寄ってくれるようになりました。
そのため車で淡路島に来れなかった方も高速バスで淡路ICから道の駅あわじに行くことが簡単になりました。

また淡路ICじゃなくても岩屋港からシャトルバスが出ているのでジェノバライン経由でも行けますよ!

 

淡路島産のたまねぎがたくさん売っている

また、お土産やさんで玉ねぎが売ってるんですが、それがめちゃくちゃ大きい。

 

淡路玉ねぎというやつです。

 

淡路たまねぎが初めての方は必見です。
そしてぜひ買って家で食べてみてください。
普通に輪切りにしたりしてソテーで食べるとめちゃくちゃ甘くておいしいですよん。

 

普通の玉ねぎと違って甘味があるので、ホットプレートやフライパンでソテーにするだけで美味しいという不思議な玉ねぎ。
スーパーで売っている一般的な玉ねぎよりも多少値は張りますが一度は食べてみてください。

 

 

※ 淡路玉ねぎと書かれているのに外国産の玉ねぎもあります。

購入の際は生産者の名前や顔写真がある玉ねぎを購入することをおすすめします。

 

かじた屋の和菓子が買える

かじた屋の和菓子も売ってます。

かじた屋のわらび餅
淡路島の北部、岩屋で古くから営んでいる和菓子屋の老舗でかじた屋さんというお店があります。
実はここのお店、当日販売するお菓子のみを朝から手作業で作る昔ながらの和菓子を販売してます。

 

また季節によって売っている商品も異なるのでいつ行っても新鮮なラインナップ。

そんなかじた屋の和菓子が道の駅あわじに売ってるんです。

 

お土産屋さんの一角にコーナーがあります。
夕方にはほとんど売り切れるというほどの人気なのでぜひ食べてみてください。

かじた屋のみかん大福

季節のフルーツ大福なんて買えたら運がいいレベル。

 

かじた屋さんに関してはこちらでも紹介しています。

よかったら読んでみてください!

さいごに

いかがでしたでしょうか。

 

道の駅あわじはアクセス条件もよくて観光地としても最適です。

 

淡路島に行かれるときはぜひ立ち寄ってみてくださいね!

 

ぽちっとしていただいたら嬉しいです!

兵庫県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す