旅先の観光地も食事も楽しめる兵庫県の観光情報!

神戸から関空への行き方は?電車やバスでのアクセス方法は?

2019/11/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

関西から海外へは関西国際空港(関空)を利用します。
大阪湾の海の上にある国際空港ですが神戸から関空へはどうやって行くのか。
乗換アプリ等で調べるとわかるものですがそれぞれのメリットデメリットなど、実体験も含めて紹介します。

スポンサーリンク

電車での行き方

画像元:阪神電車

電車の場合、関空には南海電鉄とJRの2つのルートがあります。

※ 南海電鉄:南海電気鉄道の略。主に大阪の南部と和歌山・関空・高野山(世界遺産)とをつなぐ関西を代表する私鉄。

というより関空からは改札が本当に真隣に並んでいるので利用エリアによって使い分けられているっぽいですね。

ちなみに神戸には南海電鉄が走っていませんが、阪神電車+南海電鉄のセットで行けます。
※ 阪神三宮駅ー大阪難波駅(阪神電車)→なんば駅(南海電鉄)ー関空というルート

またこちらのルートは片道1130円で行ける割引チケットも販売していますので利用の際は窓口で問い合わせする方がお得です。
※ 通常料金片道:1330円。片道200円、往復だと400円お得になります。

神戸の三宮を出発地と考えると上記阪神+南海の「関空アクセスきっぷ」が一番安く行けるルートになります。

また価格は関空アクセスきっぷには負けますが、JRでも行くことが可能。
その場合は大阪駅で乗換です。

※ JR三ノ宮駅ー大阪駅ー関西空港駅(大阪環状線の関西空港行きでラクラク)

こちらの場合だと片道1710円
関空アクセスきっぷと比較すると580円、往復だと1160円も差が広がります。

電車利用のメリットは下記に紹介するとして、JRと南海の違いを紹介しますと、
南海:とにかく安い。他ルートも含めて三宮ー関空ルートが最安値。
JR:改札を出ずに乗り換えが可能でわかりやすい。大阪駅についたら1番ホームへ。

阪神電車が~、南海電鉄が~という訳ではありませんが、なんば駅は一見さんに対して非常に冷酷な駅でもあって、
1:JR「難波駅」
2:近鉄、阪神「大阪難波駅」←これも使う。
3:南海線「なんば駅」←これ使う。
4:御堂筋線「なんば駅」
5:四つ橋線「なんば駅」
6:千日前線「なんば駅」

と、「なんばえき」が6つもあるのでちんぷんかんぷんになってしまったり。

駅員さんに聞けばいいのですが、海外旅行は時間との勝負なので時間に余裕がない場合は迷いにくいJRの方が良いのではないでしょうか。
安さの魅力は半端ないですけどね。

ちなみにかかる時間は乗り換え待ちも含めてどちらも約2時間程度です。

電車利用のメリット

電車利用のメリットは電車以外のルートと比較してになりますが、やはりいちばんは

お得!

に尽きるでしょう。

「関空アクセスきっぷ」は片道1130円、JRは片道1710円というのは紹介しましたが、比べて高いJRでも他のルートと比べると断然安いです。

ちなみに他のルートの片道料金
リムジンバス:1950円
ベイ・シャトル:1850円+ポートライナー
専用タクシー:2500円~(乗車場所による)

旅行の醍醐味は現地でのエンジョイなので到着までの予算を浮かしたい人もやはり多いでしょう。

そんな人にはやっぱり電車ルートが一番おすすめです。

電車のデメリットは?

そんな電車ルートのデメリットは…
やはり大きな荷物を持ち歩くこと ですねぇ。
現に私が電車に乗っていて大きな荷物でドア付近を塞いでいる人とかいたら困りますし。
邪魔にならないようがんばってらっしゃる旅行者だったら気になりませんが、たまに自己中かい!と思う人が実際にいらっしゃるよね。

ですので自分が当事者になると他人に対しての気疲れが半端ない。
通勤や帰宅などのラッシュ時間と重なってしまうと申し訳なさでいっぱいですわ。

また重たいキャリーバッグをコロコロ駅まで持っていくのもけっこう疲れるものです。

実際にこれらは電車利用をおすすめしてないコメントとしてよく見ますし。

ただ、よく見渡してみると外国人観光客の方々も大きなカバンを持っていますし(大阪から関空までの電車では逆にその乗客の方が多かったり)、中には「登山に行くんですか?」というカバンを背負っている人もいたり。

ですので通勤(帰宅)ラッシュの時間帯は避けたほうが良いですが、それ以外なら電車ルートは断然お得でおすすめだと私は思っています。

※ さいごにタイプ別おすすめルートを紹介してます。

リムジンバスでの行き方

スポンサーリンク

リムジンバス(和製英語だそうです)は三ノ宮駅前と空港をつなぐ空港連絡バスのこと。

リムジンバスの乗車時間は1時間~1時間20分程度。
※ 三ノ宮駅ー関空ルートか、三ノ宮駅ー六甲アイランド経由ー関空ルートかで異なります。

リムジンバスは乗車場所も三ノ宮駅前ですし、降車場所も関空の入り口前なので本当に便利です。

わかりやすい乗り降りで六甲アイランド経由の場合もありますが関空直行便なので時間短縮にもなります。
またトランクルームに2個まで(総重量30kgまで)荷物を預けれますので車内ではのんびりリラックスしながら向かうことができます。

ちなみに乗車件は三ノ宮駅前の乗り場付近にある自動券売機で購入できます。

バス利用のメリット

バス利用のメリットも他ルートと比較してのメリットになりますが、
やっぱり荷物を預かってくれて、身軽に乗車できる点ですね。しかも直行便のため乗ったら到着まで待つだけ。

多くの空港でも一番利用が多いのがバスだとか。
駅前の乗り場付近では大きな荷物を持った人が列を作っている光景も珍しくありません。

バスのデメリットは?

バスのデメリットですが、やはり一番は渋滞による遅延の可能性 でしょう。

そんな頻繁に渋滞に巻き込まれることもないでしょうし、遅延も許容範囲内が大半でしょうが、
電車などの他ルートと比べて一般道などでの遅延の可能性はどうしてもあります。
しかしバスによる遅延によって飛行機の搭乗が間に合わなかったとしても自己責任担ってしまいます。

ですので時間ギリギリとかではなく余裕を持って向かう時にはおすすめですね。

また細かいデメリットですが、チケットが当日購入しかできない点と、自動券売機での販売というのもデメリットといえばデメリットですね。

※ さいごにタイプ別おすすめルートを紹介してます。

船(ベイ・シャトル)での行き方

画像元:神戸ー関空ベイ・シャトル

ベイ・シャトルは関空と神戸空港をつなぐ連絡船

港町神戸っぽく船を使い海を渡って関空に行く独特なアクセス方法です。

乗船時間は約30分。早い。
チケットも片道1850円。

テーマが「はやい」「おトク」とかかげていますが、そのテーマに恥じない時間と料金。

また船内の椅子は前後が広くのびのびできます。
逆に30分でつくのでリラックスする時間がないかもしれないくらい。

とまぁ、珍しい空港連絡船が関空ルートの1つにありまして。

このルートのメリットがまぁ、すごいんです。

船で行く場合のメリット

 

車を持っている人は絶対にここでしょ!?というくらいベイ・シャトルには大きなメリットがあります。

それが、ベイ・シャトル専用駐車場代が旅行中ずっと無料!!
なんです!
つまり、家から車に乗ってきて、駐車場に停めたまま海外旅行を楽しんでも駐車場代は無料。
帰国してきたらそのまま停めてあった車で帰れます!
※ 駐車期間が30日を超える場合は事前申請が必要
もちろん24時間出し入れ可能

注意点としては、神戸空港ターミナルの駐車場と当該駐車場は別!
※ 神戸空港海上アクセスターミナル専用駐車場!神戸空港ターミナルの駐車場とは異なります!!

誤って神戸空港の駐車場に停めてしまうと料金発生しますので間違えないでください。
当該駐車場へはポートアイランドから神戸空港島への連絡橋(スカイブリッジ)を渡ってすぐの信号を右折。

また無料にするには手続きが必要です。
船に乗船後、船内にある「駐車券処理機」に駐車券を通してください(不明点は船員に問い合わせを!)。

あと車ではなく電車経由でベイ・シャトルを使う場合もおトクなセット割があります。
ベイ・シャトル乗り場へは三ノ宮駅からポートライナーで向かうのですが、
片道乗車券:1850円+ポートライナー片道:330円 = 2180円
ポートライナーセット券:両方で1850円

でご利用いただけます。
つまり、ポートライナーの片道料金がまんま無料です!

※ 購入はポートライナー三宮駅の窓口(帰りは関空のターミナルチケットカウンターで購入可)

船で行く場合のデメリットは?

デメリットですが、天気が荒れている時は欠航します。
その場合も代替バスが出ますので無駄にはなりませんが、時間が約90分もかかりますので余裕を持って動いていないと飛行機に間に合わなくなります。

特に台風シーズンの場合は注意が必要ですね。

天候に関してはどうにもなりませんが、事前に予約された場合は前もって連絡してもらえますのでチケット購入は事前予約がおすすめです。

予約および問い合わせ連絡先:078-304-0033

※ さいごにタイプ別おすすめルートを紹介してます。

タクシーはおすすめ?

画像元:MKタクシー

空港へのルートでもう一つの方法がタクシーです。
三ノ宮駅前から関空までだと莫大な金額になりますが、乗り合いタクシーだと金額をかなり抑えられます。

関空への乗り合いタクシーは大阪や京都でもありますが、神戸からもMKタクシーがやってます。

MKスカイゲイトシャトル」というのがMKタクシーが提供している乗り合いタクシーで、通常のタクシーだと…試したことがないので具体的にはわかりませんが、2万円超えるんじゃないんですかねー。もっとかな。

その点乗りあいタクシーだと複数で料金を分けるでお得ですが、MKのスカイゲイトシャトルは乗車するエリアですでに金額が決まっています。

対象エリア(全部1人あたりの価格)
2500円:芦屋市と神戸市(中央区・東灘区・灘区・兵庫区・長田区)
3000円:神戸市(須磨区・北区)
3500円:神戸市(垂水区)
4000円:神戸市(西区)
お荷物:1個×500円
MK駐車場から:2500円(MK駐車場まで車で来て乗車)

また荷物に関しては手持ち荷物は縦横高さ3辺の長さが合計1メートル以下で2つまで無料、
スーツケースなど大型は3辺の合計が2メートル以下1つまで無料です。

予約された遠方の方から順に拾っていく形で関空を目指していくので、一番遠方の西区などからだと合計3時間くらいかかります。
しかし当日は自宅まで迎えに来てくれるのでスーツケースをゴロゴロ運ぶ手間が一切なくなるのが非常にうれしいですね。
※ 利用2日前の18時までの事前予約が必須!

タクシーで行く場合のメリット

やっぱり自宅から乗っていけることですね。
車で行く以外だと一番多いのは最寄りのバス停や駅まで歩いていって乗車でしょうが、MKタクシーの場合は自宅まで迎えに来てくれますので玄関からタクシーまでの距離しか荷物を運びません。
それ以降はタクシー→空港→飛行機→現地ですからね。
これは本当に楽。
また金額も一般のタクシーだと高額になりますが、一番高い西区でも4000円で乗って行けます。

普段よりタクシーの利便性はすばらしいですが、タクシー料金って高いんですよね。
電車やバスと比べてやっぱり高額。
それもそのはず、電車やバス自体が乗り合い式の乗車方法なので安くすみます。
その乗り合い方法を使って予想外の低価格を実現したのがMKタクシーのスカイゲイトシャトルです。

タクシーでのデメリットは?

デメリットは時間と、あとエリアですかねぇ。
まず時間ですが、西区や垂水区からだと2時間強から3時間くらいかかる点。
後ほど書きますが飛行機出発の2時間前のチェックイン手続きが理想なのでトータル4時間強から5時間程度を考えていないといけない計算になります。
※ シャトルも国際線はフライトの2時間前の空港到着を目安に動いているそう。
ですので、乗車時間とフライト時間によってはめちゃめちゃ早い時間になるかもしれませんね。

ちなみに空港着時間は6:00~22:00となってるそう。

またエリアに関してですが上記エリア以外は対象外なので対応できないそうです。
上に書いた芦屋市と神戸市でも一部断られるエリアがあるみたいなのもデメリットですね。

自分の家が対象エリアなら非常に魅力的なサービスですが、これだけは乗り合いタクシーなので仕方がありませんね。

※ さいごにタイプ別おすすめルートを紹介してます。

さいごに

以上4つの関空ルートを書きましたが、それぞれメリットがあってどれがお得なのか分かりにくい点もありますので、私の個人的主観にもなりますがタイプ別おすすめルートをまとめました。

タイプ別おすすめルート

車がある人:ベイ・シャトルルート
(旅行中はずっと駐車場代が無料!また車だと荷物を運ぶ手間もかからず乗船時間も短くておすすめ)
MKシャトルのエリア内の人:乗り合いタクシールート
(自宅まで迎えに来てくれるのでお勧め!)
スーツケースの大きさがめちゃでかい、もしくはめちゃ重い:リムジンバスルート
(一度三宮駅で降りてでも荷物は預ける方が絶対に楽!)
最寄り駅が新快速が停まる人:JR使用の電車ルート
(新快速は乗客は多いですが大阪乗換でも時短でいける!また新幹線を使う旅行客も多いのでスーツケース持ってる人は比較的多い)
阪神電車沿線に住んでる方:関空アクセスきっぷルート
(一番格安の関空アクセスきっぷが利用できるなら使わない理由はない!)
時間を優先するか、それとも節約か、楽していくのが一番か、人によって優先順位は異なると思いますが、もし悩んでいたら参考にしてください。

なぜ出発の2時間前到着と言われているのか

また余談ですが…よく海外旅行に行く人は問題ないと思いますが、海外旅行の場合、出発時間の2時間前に旅行会社の窓口でチェックインをするように勧められます。
それは、締め切り時間がシビアで、かつめっちゃ並ばされるから。
私自身よく空港を使いますが、チェックインと搭乗手続きの終了時間が思っている以上に早く締め切られます。
その締め切り時間前に手続きをしようとしてもけっこう並んでいるんですよね。

まず旅行会社の窓口でチェックイン。並ぶ。
次に搭乗ゲートで手荷物検査。これも並ぶ。
そして予想外に時間がかかるのが移動時間です。
国内線しかない地方空港と比べて関空の旅行会社の窓口から搭乗ゲートまで以上に長い。
そして搭乗ゲートをくぐってからも長い。
これは扱っている会社や飛行機が多いため仕方のないことですが、結果、空港に到着してから予想外の時間がかかってしまいます。
そのためチェックインしてから飛行機の出発まで2時間を考えても、おそらく飲み物や食べ物、お土産品の購入する時間がないのが実情でしょう。

ですので関空到着時間はフライト時間の3時間前程度を見込んでおくのがおすすめです。

ぽちっとしていただいたら嬉しいです!

兵庫県ランキングにほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
このサイトはみなさんの広告クリックのみで運営しています。 書いている記事も誰かからお願いされて書いている訳ではありませんので飲食店や観光地などの紹介はすべて偏見なく紹介していくように心がけています。 このブログで兵庫県のことを少しでも好きになってくれたら嬉しいです!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ばり兵庫県ですよ。 , 2018 All Rights Reserved.